よりどころとチャレンジを育むコミュニティ「仏教オールトゥギャザー」を始めます

こんにちは、フリースタイルな僧侶たち代表の加賀です。

仏教やお寺の可能性を切り開いてきた「フリースタイルな僧侶たち(以下:フリスタ)」は、今年で満10年を迎えた今、新たなコミュニティをリリースすることにしました。 

まずは、それに至るまでのお話をさせてください。

あらゆる生き方を包み込む仏教という価値観

フリスタでは、僧侶の資格の有無や、実生活での立場を離れて「仏教ってなんだ!?」という探究心を常に持ち続け、様々な活動に取り組んできました。

仏教を身近に感じ、その智慧の一端に触れてもらおうとはじめたフリーペーパー「フリースタイルな僧侶たち」は、毎号1万5000部(季刊)を発行するに至りました。

また、「僧侶の目線で修行を体験したい」という仏教好きの一言からはじまった朝日新聞との共催イベント「修行体験ブッダニア」は多くの反響をいただき、今年で4年目を迎えます。

2018年にはWebマガジンも創刊し、その尖った企画で世間をにぎわせました。

その結果、フリーマガジンを発行していただけの「フリスタ」というグループは、僧侶が運営していた小さな団体の枠を超えて、徐々にさまざまな方に関わっていただくようになり、ゆるやかなコミュニティのようなものになっていました。

そんなフリスタが当初から大切にしていたのが、仏教というあらゆる生き方を包み込む価値観のもと、お互いに認め合い、尊重し、そして、チャレンジを支え合うということです。

いま、殺伐とした社会に必要なのは、このようなコミュニティなのではないかと思います。特に、新型コロナウイルスが世界を大混乱に陥れている最近の現状を見ると、より一層その想いが強くなりました。

 

「フリスタ」を新しいフェーズに

(10周年を記念して作られたフリーマガジン55号)

また、スタートしてから10年を迎え、組織としても新たなフェーズに移行すべき段階が来たようにも感じています。わたしたちの活動に関わってくださっているみなさん同士が、関わり合いつつ、学び合いつつ、さらに新しいものをつくっていく。そうした流れや場を生み出すことができないかと考えました。

これまで関わってくださったさまざまな方(フリーペーパーやWebの制作に関わってくださった皆さん、ブッダニアなど大小イベントの企画運営に関わってくださった皆さん、発送作業や広報活動など目に見えないお手伝いをしてくださった皆さんなどなど)だけではなく、これから関わってくださるみなさんとともに「フリスタ」を新しいフェーズに発展させていきたいと思っています。

そこで、今はまだ小さなこのコミュニティの価値をより多くの方に感じてもらえるよう、この「居場所」に新たな名前をつけて、リリースすることにしました。

その名も「仏教オールトゥギャザー」です!

(デザイン:苫米地結子

このコミュニティでは「よりどころとチャレンジを育む」をコンセプトに、これまでフリスタが行ってきた取り組みや、新たな実験的プロジェクトの立ち上げに挑戦していきたいと思っています。

まだこの仏教オールトゥギャザーは、未完成で未知数です。この場の可能性をさらに広げてくださる方とともに、この場を育てていきたいと思っています。

 

仏教オールトゥギャザーでできること

仏教オールトゥギャザーでは下記のような活動を行う予定です。

  • 自らやりたいと思った実験的なプロジェクトの立ち上げ、そのサポート
  • 「フリースタイルな僧侶たち」の紙面やWebコンテンツを一緒に制作する
  • 「修行体験ブッダニア」などのイベント企画の立ち上げと運営
  • 定期的な仏教の勉強会
  • その他、メンバー同士の定期的な交流 などなど

 

仏教オールトゥギャザーではこんな人を求めています!

  • 一人で仏教を学ぶのに躊躇してしまう仏教初心者
  • 仏教への思いはあるが、ノウハウがなく実行に移せない方
  • 色々なプロジェクトを立ち上げ実験をしていきたい僧侶の方
  • お寺や仏教の可能性に期待している方
  • 地方在住でこれまでフリスタのプロジェクトに参加できなかった方
  • なんだかわからないけど面白そう!と思った方 などなど

 

仏教オールトゥギャザー登録までの流れ

仏教オールトゥギャザーは当面の間、SlackZoom、2つの無料サービスを使って、オンライン上でのコミュニケーションをベースに動いていく予定です。これまで使用されたことがない人には使い方をお教えしますので、安心してご参加ください。

Slackのイメージ

(話題ごとにスレッドを立てて会話します。学校の部室みたいなイメージ)

仏教オールトゥギャザーにご関心をお持ちの方は、下記からご参加いただければ幸いです。

  1. 下記より参加フォームにアクセスし、簡単なアンケートにお答えください(3分)
    https://forms.gle/CKrczHbY9nDKoxJN8
  2. 1で入力くださったメールアドレスに、「Slack」の招待メールを送信しますので、メールの内容にしたがってSlackの登録をお済ませください(1分)
  3. Slack上のチャットや、オンライン通話サービスZoomなどを使って、交流を進めていきたいと思います

※2の「Slack」の招待案内メールが登録のメールアドレスに届かないトラブルが複数発生しております。1の前にcircle@freemonk.netからのメールが届く設定に変更すること(連絡先として登録するなど)をオススメします。

また、届いていない場合、circle@freemonk.net からのメールが迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください。もしそれでも届いていないようでしたら、お手数ですが circle@freemonk.net まで直接ご連絡ください。

仏教オールトゥギャザーについて生放送します!

急なご報告になってしまったのですが、明日4月6日(月)20時よりYouTubeにて、今回のフリスタの新しい取り組みについて生配信することにしました。

放送時間10分前には、Facebook、Twitterに、生配信のリンクをシェアいたしますので、フリースタイルな僧侶たちのSNSをチェックしていただけると幸いです。

今回は仏教オールトゥギャザーの構想を練るにあたって尽力していたこちらのメンバーが出演いたします。

加賀俊裕。1986年生まれ。真言宗僧侶。大阪ミナミ 三津寺(みつてら)副住職。京都大学工学部在籍中に障がい者支援の活動に取り組み、大学を中退。お寺の役割を再考したいと考え、2013年から京都仁和寺において仏道修行を勤めた後、自坊に帰る。2018年4月よりフリースタイルな僧侶たちの代表。趣味はカメラと茶杓作り。最近欲しいものは暗室になる茶室。

藤本 遼。ここにある代表取締役/場を編む人。1990年4月生まれ。兵庫県尼崎市出身在住。余白のデザインとあわいの編集をキーワードに、さまざまな地域プロジェクトに関わる。代表的なものに「ミーツ・ザ・福祉」「尼崎ぱーちー」「カリー寺」「生き方見本市(生き博)」などがある。多様な地域住民や関係者の巻き込み、プロセスデザインを専門としている。『場づくりという冒険 いかしあうつながりを編み直す(グリーンズ出版)』著。

稲田ズイキ。1992年、京都の寺生まれで副住職。フリースタイルな僧侶たちWeb編集長。同志社大学を卒業後、デジタルエージェンシーに入社。2018年に独立し、寺に定住せず煩悩タップリな企画をやる「煩悩クリエイター」として活動中。集英社よみタイや幻冬舎plusでのコラム連載、お寺ミュージカル映画祭「テ・ラ・ランド」や失恋浄化バー「失恋供養」、家賃7万円のコンテナ寺「七万寺」などをやっています。

唐溪悦子。1992年生まれ。島根県出身の尼崎市在住。全国のお寺でレトルトカレーを同時多発的に食べる「レトルトカリー寺」や、「尼」崎で「尼」僧が飲食店やコミュニティスペースを借りて開催する「尼僧酒場」の運営を行い、拠点を持たずお寺や僧侶にできることは何かを実験中。

河村英昌。京都市伏見区出身。寺の子として生まれる。現在はサラリーマンとして働く傍ら副住職として活動。「ITで日本文化をもっと身近に」をモットーに、様々なソーシャルメディアを通して仏教を初めとした日本文化を発信。著書:『明日から話せる!日本の宗教』YouTube:『神社仏閣オンライン』主催:『動・静のマインドフルネス』等

ほか、個性豊かなフリースタイルな僧侶たちのメンバーはこちらからチェックしてみてください。

↓実際に生放送した動画です。仏教オールトゥギャザーでは何ができるか、何を大切にしているかなど、それぞれの想いをそれぞれの立場から話しています。仏教オールトゥギャザーに興味のある人はぜひ視聴してみてください。

 

 

 

以上、仏教オールトゥギャザーが多くの方のよりどころとなり、チャレンジを後押しできる居場所になれるよう、大切に育てていきたいと思います。みなさんのご参加をメンバー一同、お待ちしております。

 

【再掲】仏教オールトゥギャザーにご関心をお持ちの方は、下記からご参加ください。

  1. 下記より参加フォームにアクセスし、簡単なアンケートにお答えください(2分)
    https://forms.gle/CKrczHbY9nDKoxJN8
  2. 1で入力くださったメールアドレスに、「Slack」の招待メールを送信しますので、メールの内容にしたがってSlackの登録をお済ませください(1分)
  3. Slack上のチャットや、オンライン通話サービスZoomなどを使って、交流を進めていきたいと思います

※2の「Slack」の招待案内メールが登録のメールアドレスに届かないトラブルが複数発生しております。1の前にcircle@freemonk.netからのメールが届く設定に変更すること(連絡先として登録するなど)をオススメします。

また、送信後の場合、circle@freemonk.net からのメールが迷惑メールフォルダに入っていないかご確認ください。もしそれでも届いていないようでしたら、お手数ですが circle@freemonk.net まで直接ご連絡ください。