vol.60 BIG LOVE

vol.60

BIG LOVE

特集「ひとり」発行しました Vol.59

『フリースタイルな僧侶たち』の最新号 vol.59 が11月30日に発行されます。

特集は「ひとり」です。

vol.59「ひとり」目次

  • 表紙 孔雀明王
  • P2 ひとり
  • P4 問答 あなたは孤独ですか? 飯野顕志
  • P6 俳句 咳をしても一人 野村由芽 / たみお / 笹塚301 / 野口順哉 / 伏見歴堂 / 布村喜和
  • P9 日記 上田啓太
  • P14 お元気ですか、ハトポッポゥ あなたとわたしとOQTA HATO
  • P16 問答 あなたは孤独ですか? 太田賢孝
  • P18 問答 あなたは孤独ですか? 清水良将
  • P20 連載 How are you? So-僧
  • P21 連載 フリースタイルな人たち 二人目:山中将司(デザイナー)

パンデミックにより、私たちの生活は改変を余儀なくされました。会いたくても会えない、話したくても話せない状況は、つながりへの希求をさらに加速させたように感じます。

もちろん、人はひとりでは生きていけません。しかし、ひとりであることを忘れても人は生きていけないのだと思います。

今回の特集では、誰に向けられたものでもないひとりの言葉が並びます。

自宅、寺の境内、書店、カフェ、それぞれの場所でこの「ひとり特集」を手に取りながら、言葉の向こう側にいるひとりを想像していただければ嬉しいです。

 

 

59号「ひとり」の内訳

表紙 孔雀明王

日常生活の中で仏像を楽しむことを目的に、国宝などの仏像を精巧なフィギュアで再現する「イSム(イスム)」から、孔雀明王像をお借りしました。

ビジュアル協力:イSム(イスム)
撮影:中谷利明

P2 ひとり

コロナ禍で感じた寂しさや、ひとりごとの不思議さを巻頭エッセイにしました。

執筆:稲田ズイキ(編集部)

P4 問答 あなたは孤独ですか? 飯野顕志

お坊さんにたった一つだけ「あなたは孤独ですか?」と質問を投げ、それに答えていただく企画。

紙面には問答の言葉がそのまま書き起こされていて、取材時の音声も視聴することができます。

回答:飯野顕志(奈良県 王龍寺)

P6 俳句 咳をしても一人 野村由芽 / たみお / 笹塚301 / 野口順哉 / 伏見歴堂 / 布村喜和

俳人、尾崎放哉の著名な自由律俳句をもとに、それぞれの「咳をしても一人」を詠んでいただきました。

作句:

野村由芽
1986年生まれ。編集者/文章を書く。広告会社に勤めたのち、2012年CINRA入社。カルチャーメディアCINRA.NETの編集、企画、営業を行い、アジアのクリエイティブシティガイドHereNowの東京キュレーターを担う。さまざまな企業のオウンドメディアの立ち上げにも携わり、コンセプトやストーリー立案、コピーライティングを主に担当。2017年に同僚の竹中万季と共に、ひとりひとりの声を肯定する場所「自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ"She is"」を立ち上げ、編集長を務める。2021年4月にCINRAを退職し、同月、竹中万季と共に株式会社ミーアンドユー(me and you, inc.)を立ち上げ、取締役に就任。個人と個人の対話を出発点に、遠くの誰かにまで想像や語りを広げる活動を行なっていく。性にまつわることを自分の温度で話しはじめてみる音声番組「わたしたちのスリープオーバー」をSPINEARおよびJ-WAVEで毎週金曜日に配信中。

たみお 
言葉、音楽、美術、人、時間。それらと出逢うときの情動を鮮明に捉え、偶然を必然にかえるストーリーを演出する。つねに小宇宙のような時空を広げる作品づくりを目指し、作品に触れた人々の心が輝き喜ぶことを大切にしている。​ファッションショーの演出、音楽コンサートの演出、京都市動物園での動物園作品上演(2017)、栗東芸術文化会館さきら創造ミュージカル2020演出、KissFM[Story for two]ではラジオドラマのレギュラー作家を担当。各企画への脚本提供、ファミリーワークショップのナビゲーターも多数務める。

笹塚301
株式会社ハクエン所属。最近はSDGsを意識しています。

野口順哉
1985年東京都生まれ。2006年、バンド「空間現代」を結成。ギターボーカルとして作曲に携わる他、作詞も行う。2009年にHEADZより1stアルバムをリリースして以降、精力的にライブ活動を続ける。2016年からは活動拠点を京都に移し、空間現代のスタジオ兼ライブハウス「外」をオープン。2019年にはEditions mego傘下のIdeologic Organよりアルバム『Palm』をリリース。バンドとして2019年度京都市芸術文化特別奨励者に選出されるほか、地点、Moe and ghosts、飴屋法水、吉増剛造、contact Gonzoなど、先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えた作品制作も積極的に行う。

伏見歴堂
愛知県の定林禅寺、副住職。

布村喜和
山口県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒。映画作家。卒業制作として映画『CME,that’s why we bring dogs.』(14)を監督。同作の主な上映・受賞に「YCAM10th FILM by MUSIC」(坂本龍一氏選)、「三軒茶屋映像カーニバル」(松井良彦氏選)など。以降、ドラマやミュージックビデオ、web動画コンテンツの監督や脚本、企画構成を手がける。代表作にwebドラマ作品『ゆれるせいかつ』(20)など。また、個展「New Cinema Parallel - A Pieace of HOMURA Yoshikazu」(18)では、アーケードゲーム機と映画を接続させたインスタレーション作品『NCP720』を発表。映画表現を特定のメディアやジャンルに固定せず、回遊するようにさまざまな地点から作品を発表している。

P9 日記 上田啓太

裸眼で過ごしてみたことから始まる14日間の日記を、ライターの上田啓太さんに書いていただきました。

執筆:上田啓太
1984年生。石川県出身。京都大学工学部卒。20代後半を女性宅の居候として過ごす。2010年にブログ『真顔日記』を開設するも放置。2016年、生活がどうしようもなくなり本格的に活動開始。好きなものはゴリラとaiko。

P14 お元気ですか、ハトポッポゥ あなたとわたしとOQTA HATO

株式会社OQTAが開発する「言葉にならない思いを届ける鳩時計」を編集部と3人の僧侶が使ってみました。

協力:株式会社OQTA
撮影:K:NORIMASA(編集部)
執筆:藤山亜弓

コメント出演:
竹本了悟(浄土真宗本願寺派西照寺)
日野唯香(浄土真宗本願寺本照寺)
加賀俊裕(真言宗御室派三津寺)

P16 問答 あなたは孤独ですか? 太田賢孝

お坊さんにたった一つだけ「あなたは孤独ですか?」と質問を投げ、それに答えていただく企画。

紙面には問答の言葉がそのまま書き起こされていて、取材時の音声も視聴することができます。

回答:太田賢孝(新宿区 大龍寺)

P18 問答 あなたは孤独ですか? 清水良将

お坊さんにたった一つだけ「あなたは孤独ですか?」と質問を投げ、それに答えていただく企画。

紙面には問答の言葉がそのまま書き起こされていて、取材時の音声も視聴することができます。

回答:清水良将(神戸 安養寺 インド 仏心寺)

P20 連載 How are you? So-僧

どこかの街の一角で僧侶を撮影するスナップ連載企画。今回は京都市のアパレルショップMETA KYOTOにて。

協力:METAKYOTO

P21 連載 フリースタイルな人たち 二人目:山中将司(デザイナー)

フリースタイルな人たちはジャンルレスに活躍するクリエイターの方々に、お題をお渡しし作品を制作していただく連載企画。今回はデザイナーの山中将司さんに「ひとり」をテーマに、新しいSNSのアイデアを作成していただきました。

協力:山中将司
アウトドアメーカーを経てフリースタイルのデザイナーとして独立しました。イタリアのA'Design Awardで銀賞を頂き、成蹊大学で非常勤講師をしています。

店舗や寺院にフリーペーパーを取りに行く際は、なるべく三密を避けてご移動いただければ幸いです。

また、noteでは雑誌制作の裏話などを発信しており、今回の59号について編集部員が語る座談会の模様が近日中に公開予定ですので、ぜひチェックください。
フリースタイルな僧侶たちの公式note

フリースタイルな僧侶たちの活動にご興味を持ち、ご支援いただける方がいらっしゃいましたら、こちらからサポーター登録ができます。
活動を応援していただける方へ

フリースタイルな僧侶たちを何卒よろしくお願いいたします。

<クレジット>
発行人:加賀俊裕
編集長:稲田ズイキ
デザイン:福井裕孝
編集:秦正顕、K NORIMASA、藤山亜弓
WEB制作:磯部亮太