Magazine

vol.47

仏教が私にくれたもの
魚川祐司

8周年を迎えた8月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.47を発行しました!

記念すべきリニューアル第一号の特集記事は、
「ニー仏」さんこと、魚川祐司さんに寄稿していただきました。
(ちなみに「ニー仏」とは、ニート仏教徒の略とのことです。)

これまでに、『仏教思想のゼロポイント』、『講義ライブ だから仏教は面白い!』、『悟らなくたって、いいじゃないか』、『ゆるす』、『自由への旅』など、
仏教についての著作・翻訳書を著されてきた方で、
仏教に関心がある方には、ぜひとも知っていただきたい方のお一人です。

大学の学部時代には哲学を、さらに大学院に進んで仏教を学ばれ、
そこにとどまらず、ミャンマーに渡って実践(修行)にも身を投じられた魚川さん。

それにしても、凄まじい徹底ぶり…。
だけど、僧侶ではない魚川さんが、そもそもなぜ、仏教を学ぼうと思ったのか。
魚川さんを、そこまで動かしたエネルギーの源泉は、何だったのか。
本気で深く、仏教を学び、実践をした先に得られたのは、どのようなものだったのかーー
編集長・若林のそんな疑問に応えて、今号の記事を書いていただきました。

特集のタイトルは、ずばり、「仏教が私にくれたもの」。
ぜひ、ページを開いて、たずねてみてください。
すでに魚川さんの本を読まれた方も、この記事を読んだ後で改めて本を読み返してみたら、味の深みがグッと増すはずです。

その他のコーナーは、下記の通り。
【コラム】
・若林唯人「ミャンマーで、トレッキングしてきた」
・竹林真悟「お寺でよくみかけるけれど、なんだろ”アレ” Vol.1」
・久松彰彦「寺社フェス『向源』、京都で初開催」
【マンガ】
・光澤裕顕「アラサー世代の僧侶たち」