Magazine

vol.56

Twitterで4コマ説法?!『ぶっカフェ!』小林ロクの世界

今号のフリーマガジンの特集は、マンガ『ぶっカフェ!』の作者・小林ロクさんです。

小林ロクさんに特別に描き下ろしていただいた今号の表紙のイラストは、まさに『ぶっカフェ!』の舞台である”寺カフェ”。

主人公のアルバイター・薬師ルリをはじめ、真面目すぎる店長の隆光(臨済宗僧侶)、チャラ男の彩蓮(浄土真宗僧侶)、ミステリアスな春海(真言宗僧侶)という、フリスタと同じく超宗派の僧侶が登場する”煩悩系青春仏教コメディ”です。

毎日4コママンガを配信しているTwitterアカウント「ツイ4」にて連載中で、1話あたりの「いいね」は5,000を超え、その人気から単行本化もされている『ぶっカフェ!』。

読んでいただいたらわかるように、マンガ自体がおもしろいのはもちろん、4コマという制約にもかかわらず、実に自然に仏教が表現されていて、僧侶顔負けと言ってもいいほど。

ロクさんって、どんな人なの

『ぶっカフェ!』の誕生秘話や裏話もお聞きしたいし、仏教を表現する上で心がけていることも、聞いてみたい……

というわけで、今号の特集では、フリスタでおなじみの”お坊さん漫画家”光澤裕顕が、小林ロクさんにインタビューさせていただきました!

ぜひ、ご一読ください!

56号の他のラインナップはこちら

  • 【描き下ろし特別マンガ】小林ロク×光澤裕顕

  • 【新コラム!】加賀俊裕お寺の明かりを考えるプロジェクト vol.1

  • 【レポート】フェリシモ×フリスタ コラボ商品開発レポートVol.4by 林中えみり)

  • 【イベント】これから開催されるフリスタ主催イベント